家事をアウトソーシング

清掃

使い方と注意点

家事代行とは、その名の通り掃除、洗濯、料理といった家事を代行してもらうサービスのことです。一昔前の家政婦がよりシステマチックになったものともいえます。核家族化や独身世帯の増加など様々な社会的背景が理由で利用者が増えてきています。利用者の増加により、安い家事代行サービスも増えてきており、サービスの種類は多様化してきています。安い家事代行サービスといっても、依頼する内容や地域によって金額は変わります。基本的な使い方は、まずメールや電話で申し込みを行い、その後担当者とヒアリングを行います。自宅に来てもらうこともありますし、会社や喫茶店といった自宅以外で打ち合わせすることもできます。ヒアリングの際に、どのような家事を依頼したいのか、頻度はどのくらいか、希望するスタッフの能力は何かなどについて打ち合わせをします。打ち合わせが完了したら契約となり、設定日に担当者が自宅に来て家事代行を行い、完了したら料金振り込みとなります。一回だけの契約も可能ですし、週一回など定期的な契約もできます。定期的な契約の方が安いことが多いです。注意点としては、一時間当たりの料金だけで比較はできないということです。最低二時間からとなっている会社も多いですし、定期契約を結べば安い料金になることもあります。交通費の有無や、不在時の仕事かどうかなどを含めて考えなければならないので、一概に安いかどうかはわからないのです。多くの家事代行会社には、お試しプランがあるため、こうしたプランを利用して自分にあうサービスを模索してみるとよいでしょう。

困る人

軽作業の依頼

便利屋さんは、依頼人の依頼を受けてさまざまな仕事を行ってくれる業者のことです。便利屋が行う作業は基本的には軽作業が中心ですが、庭仕事や伐採、引っ越しの手伝いなどの作業も行ってくれます。専門性のある仕事は行いませんが、ちょっとした仕事であれば専門業者を呼ぶより安価に作業をしてくれます。

家具

敷地内の別の場所に

業者に家具移動サービスを依頼すれば、家具を任意の場所に運んでもらうことができます。ただし基本的には、同じ敷地内での移動となっています。大きく重い家具に関しては、クレーンで運んでもらったり、分解してもらったりすることも可能です。さらに、破損トラブルに備えた保険もあります。

作業員

多忙な現代だからこそ

東京の便利屋は家事代行サービスをはじめ、日常生活でこまったとき、疲れてしまったときなど、どんなときでも気軽に依頼することができます。24時間対応で1時間から派遣してくれるところもあります。その1時間で生活にゆとりができるなら、利用してみてはいかがでしょうか。